SFC修行

SFC修行の計画を考える②~東南アジア路線の利用を検討~

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

前回は、SFC修行の計画の立て方に関して、OKAタッチについて解説させていただきました。

SFC修行の計画を考える~王道は沖縄単純往復~SFC修行の計画の立て方第1弾!!今回は、ドメ修行に焦点を当て、最も利用者の多いOKAタッチをはじめとする沖縄単純往復を取り上げます。これは、PP単価を抑えたSFC修行を行う上では最も有効な路線となっています。...

今回はそれに引き続き、国際線の修行ルートに目を向けていきたいと思います。

SFC修行に使える国際線

カギとなるのは路線倍率

まずは、以下の図を見てください。

f:id:morikuma_8010:20190212135244j:plain

これは、プレミアムポイントの計算方法を表しています。

このうち、フライトマイルと搭乗ポイントについては、高い運賃やクラスで予約するほど多く獲得できるということは想像が容易にできることでしょう。

ここで、SFC修行を行っていく上でカギとなるのが、「路線倍率」です。この路線倍率は、 通常は1倍ですが、国内線が2倍、ANA運航便のアジア・オセアニア・ウラジオストク路線が1.5倍となっています。

もともとのフライトマイルが大きい国際線の場合、この路線倍率1.5倍というのは非常に大きいものになります。

そのため、PP単価を意識してSFC修行を行う場合、この路線倍率がポイントになってきますよ。

東南アジア路線がおすすめ

その中で、便数等の利便性やPP単価を考えると、東南アジア路線、特にシンガポールやクアラルンプール路線がおすすめになってきます。

旅程例とPP単価

続いては、これらの路線で旅程例を示し、PP単価を計算してみたいと思います。

なお、必要最低旅行日数の関係で、金曜日の夜に出発し、中1日を現地で過ごし、日曜日に帰ってくるという日程でのシミュレーションとなっています。

シンガポール路線

まずは、シンガポール路線からです。

①エコノミークラス(クラスS)利用

f:id:morikuma_8010:20200412152541j:plain

運賃:65870円

獲得できるPP:4968PP

PP単価:13.26円

②プレエコ(クラスN)利用

f:id:morikuma_8010:20200412153121j:plain

運賃:120870円

獲得できるPP:7754PP

PP単価:15.59円

③ビジネスクラス(クラスZ)利用

f:id:morikuma_8010:20200412153351j:plain

運賃:255870円

獲得できるPP:13220PP

PP単価:19.35円

クアラルンプール路線

続いて、クアラルンプール路線です。

①エコノミークラス(クラスS)利用

f:id:morikuma_8010:20200412152525j:plain

運賃:73240円

獲得できるPP:5006PP

PP単価:14.63円

②プレエコ(クラスN)利用

f:id:morikuma_8010:20200412153658j:plain

運賃:128240円

獲得できるPP:7808PP

PP単価:16.42円

③ビジネスクラス(クラスZ)利用

f:id:morikuma_8010:20200412153718j:plain

運賃:257500円

獲得できるPP:13316PP

PP単価:19.34円

国際線のPP単価は良くない

ここまで見てきたように、一番PP単価の良いシンガポール路線のエコノミークラス利用でもPP単価が13円台となっており、決して優れた数字ではないことが分かるでしょう。

このように、インター絡みでSFC修行の計画を立てる場合には、単純に予約するだけではPP単価の面では厳しい面があります。

しかし、いくつかの工夫をすることで、劇的にPP単価を改善することのできる手段があるため、次回以降はこのあたりを話していきたいと思います。

まとめ

今回は、SFC修行における国際線の利用のうち、東南アジア路線を取り上げ、シンガポール路線とクアラルンプール路線を用いて、PP単価のシミュレーションを行ってみました。

今回紹介させていただいた通り、東京=シンガポール・クアラルンプールの単純往復では、PP単価があまりよくないです。

ですが、ある工夫をすることによってPP単価をよくする方法が存在しています。

その点については次回・次々回で紹介していきますので、お楽しみに。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です