旅行

2020年 シンガポール&クアラルンプール 5泊7日周遊旅行記 4日目

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

杜くまは、SFC修行を兼ね、シンガポール3日間、クアラルンプール2日間の5泊7日の旅行を行いました。

今回は、この4日目について旅行記を書いていきたいと思います。

3日目の振り返り

まずは、3日目の振り返りから行っていきたいと思います。

3日目は、シンガポール観光最終日ということで、午前中にガーデンズ・バイ・ザ・ベイを観光したのち、マックスウェル・フードセンターでチキンライスを食べ、午後はチャンギ空港の散策を行い、クアラルンプールに移動したという1日でした。

詳しい様子は、以下の記事をご覧ください。

2020年 シンガポール&クアラルンプール 5泊7日周遊旅行記 3日目杜くまの2020年シンガポール&クアラルンプール周遊旅行の旅行記3日目。午前は、ディーン&デルーカでエコバックを入手し、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに行き、昼食はマックスウェル・フードセンターへ。午後は、シンガポールからクアラルンプールの移動に向け、チャンギ空港を散策しました。...

 

4日目 午前

それでは、4日目を振り返っていきたいと思います。

この日は、クアラルンプール観光1日目ということで、HISの2大有名モスク制覇ツアーというオプショナルツアーに参加しました。

杜くまは、オプショナルツアーに参加するのは人生初経験ということで少し緊張のスタートでした。

 

いきなり試練が・・・

というわけで、朝9時にパークロイヤルクアラルンプールというホテルに集合という連絡を受けた杜くま一行は、余裕をもって1時間前にホテルを出てGRABを呼びました。

しかし、なかなかやってこない(;^ω^)

なぜかドライバーがグルグル回っているような状況が続き、気づけば集合30分前に。

焦った杜くま一行はGRABをキャンセルしてKLセントラル駅からのタクシーを利用して向かうことにしました。

ドライバーさんごめんなさいm(__)m

一度は安心したものの、またもや試練が。

大渋滞で進まない(;^ω^)

時だけが刻々と進んでいき、ついには集合時刻に。

ホテル到着は10分遅れの9時10分。しかも道の反対側で降ろされるという悪夢。

横断歩道は近くになく、慌てているとHISから電話が。

現在位置を報告すると、待っていてくれるとのことで一安心(´▽`) ホッ

15分遅れで到着し、バスに乗り込めました。

待っていてくれた皆さん、ありがとうございました。ご迷惑をおかけしましたm(__)m

f:id:morikuma_8010:20200409151036j:plain

 

ストリートアートスポット

朝からあたふたのスタートでしたが、気を取り直して観光のスタート。

この日の最初の目的地は、ストリートアートスポットです。

ウォールアートともいわれますが、こういった作品はいま世界中で観光スポットとなっているようですね。

マレーシアにも何か所かのストリートアートで有名な場所があるようですが、今回は、ブルーモスクに近い場所にあるスポットだそうです。

芸術センス0の杜くまには、この感性を理解するのは難しいですが、どれも作者の味が出ていて素晴らしいものでした。

f:id:morikuma_8010:20200409151123j:plain

陸マイラーの杜くまには、この飛行機が描かれているのが目に留まりました。

f:id:morikuma_8010:20200409151128j:plain

こういった少し変わったものもありましたよ。

f:id:morikuma_8010:20200409151132j:plain

 

ブルーモスク

続いては、ブルーモスクへ向かいました。

ブルーモスクは、正式名所をスルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスクと言うそうです。長くて覚えられませんね(;^ω^)

f:id:morikuma_8010:20200409154343j:plain

ブルーモスクというと、イスタンブールのブルーモスクを思い浮かべる方も多いですが、こちらのブルーモスクは、マレーシアでは最大、世界でも4番目に大きいモスクだそうです。

f:id:morikuma_8010:20200409154603j:plain

非常に美しいですよね。

英語のガイドさんに連れられて、中を見学することができました。

f:id:morikuma_8010:20200409155745j:plain

女性の方と、短パンの男性の方は、肌を覆うヒジャブを無料で借りることができます。

見学中には、英語で何を言っているかは分からないのですが(;^ω^)、イスラム教の慣習や礼拝の仕方を詳しく教えていただけました。

ドームの中はこんな感じ。

f:id:morikuma_8010:20200409155719j:plain

青と白のコントラストが非常に美しかったです。

最後には、イスラム教の結婚式の仕方も教えてくれましたよ。

f:id:morikuma_8010:20200409155713j:plain

想像を超えたスケールの大きさで迫力があり、素晴らしかったです。

 

プトラ湖クルージング

本来はここで昼食となるようですが、クルージング会社から人が足りないという連絡を受けたようで、先にプトラ湖のクルージングを行うことになりました。

f:id:morikuma_8010:20200409160639j:plain

クルージングでは、これから見学予定のピンクモスクや、

f:id:morikuma_8010:20200409160643j:plain

いくつかの美しい橋、

f:id:morikuma_8010:20200409160648j:plain

さまざまな変わった形の建造物も見られました。

f:id:morikuma_8010:20200409160657j:plain

まったりとした時間を過ごすことができました。

 

昼食はプトラジャヤ・シーフード・レストラン

1時間ほどのクルージングを終え、後回しにされた昼食の時間です。

連れてこられたのは、プトラジャヤ・シーフード・レストランです。

f:id:morikuma_8010:20200409163401j:plain

円卓での会食だったため、写真を撮り忘れましたが、海鮮中華で美味しい料理ばかりでした。

 

4日目 午後

昼食を終え、残りは、ピンクモスクと首相官邸の見学となります。

f:id:morikuma_8010:20200409164949j:plain

ピンクモスク

まずは、本日2つ目のモスク、ピンクモスクの見学になります。こちらは正式名称をプトラモスクというそうです。

f:id:morikuma_8010:20200409165141j:plain

先ほどのブルーモスクのクールなイメージとは異なり、可愛らしい印象ですね。

ドームの中も、ブルーモスクに比べ、大きくはないですね。

f:id:morikuma_8010:20200409165147j:plain

2つのモスク見学を通して、イスラム教の文化を実際に目で見て学べたかと思います。

 

首相官邸

そして最後は、ピンクモスクのすぐ近くにある首相官邸の見学です。

玉ねぎ型をした建築で特徴的ですね。

f:id:morikuma_8010:20200409165542j:plain

マレーシアの首相は、杜くまが訪れたときは94歳という世界最高齢のマハティール首相だったようですが、その直後に辞任されたようですね。

これにて、オプショナルツアーが終了し、帰路につきました。

 

スリアKLCC

17時ごろに無事にホテルに戻り、すぐに夕食を兼ねてLRTでスリアKLCCへ。

スリアKLCCといえば、ペトロナスツインタワーで有名な商業施設ですよね。

まずは伊勢丹スーパーでベリーズのチョコレートなどのお土産を購入し、フードコートで夕食。

杜くまが選んだのは、テリヤキチキンヌードルです。

f:id:morikuma_8010:20200409170542j:plain

甘めのたれが病みつきになる味で美味しかったです。

その後は、KLCC公園の方に出てみました。

後ろを振り返ると、ペトロナスツインタワーがきれいに見えましたよ。

f:id:morikuma_8010:20200409171105j:plain

公園内で少しのんびりしていると、日もだんだんと暮れ、噴水ショーが始まりました。

f:id:morikuma_8010:20200409171119j:plain

暑さを忘れてしまうほど美しかったです。

f:id:morikuma_8010:20200409171111j:plain

そして、ホテルに戻り、クアラルンプール1日目が終了しました。

 

まとめ

今回は、シンガポール&クアラルンプール周遊旅行の4日目を振り返らせていただきました。

この日は、クアラルンプール1日目ということで、HISの2大モスク制覇ツアーに参加させていただきました。

クアラルンプール観光といいつつ、クアラルンプールにいた時間は短いですね(;^ω^)

このツアーに参加して、イスラム教の文化に触れることのできたよい経験になりました。

残すところはあと1日となってしまいました。

最後の1日もよろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です