SFC修行

スーパーフライヤーズカード(SFC)はどれを発行するのがおすすめか?徹底比較で最適解を見つけよう!!

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

私自身も2020年にSFC修行を行い、スーパーフライヤーズカードを保有していますが、SFC修行を終え、どのカードに申し込むのがいいのかということで迷いませんか。

今回は、SFCに関して徹底比較を行い、みなさんにとって最適の1枚を見つけていきましょう。

スーパーフライヤーズカード(SFC)に関して

まずはじめに、みなさんよくご存じかとは思いますが、スーパーフライヤーズカード(SFC)に関して軽く触れておきます。

スーパーフライヤーズカードというのは、ANAのプラチナ会員以上になると作ることができるクレジットカードになります。

プラチナ会員をはじめ、ステータスに関する詳しい点に関しては、以下の記事をあわせてお読みくださいね。

ANAの上級会員・ステータスとSFC修行ANAのステータスは、獲得したプレミアムポイントに応じてブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドに分けられますが、このうちのプラチナステータスになると、スーパーフライヤーズカードを発行でき、一生上級会員でいられます。このプラチナステータスを目指してただ飛行機乗ることをSFC修行といいます。...

ここで、ポイントとしてSFCは1人1枚しか保有することができないということがあります。

そのため、どのカードを保有するのかということが非常に重要になってきます。

スーパーフライヤーズカード徹底比較

そこで、早速ですが、スーパーフライヤーズカード全10種類をカード種別ごとに比較していきましょう。

一般カード

f:id:morikuma_8010:20200416160726j:plain

まずは、一般カードです。一般カードは、JCBブランドVISA/マスターブランドの2種類があります。それぞれを見ていきましょう。

①ANAスーパーフライヤーズカード(JCB)

【基本データ】

年会費:¥11275(本会員)・¥5610(家族会員)

年会費割引:スマリボ登録+年1回の利用(本会員のみ)

割引後年会費:¥9900(本会員)・¥5610(家族会員)

マイル還元率:0.5%(10マイルコース登録で1%)

10マイルコース年間手数料:¥5500

旅行傷害保険:最高5000万円(国内)・なし(海外)

継続ボーナスマイル:2000マイル

マイル積算率:35%

JCBブランドの一般カードに関しては、年会費割引により、維持費が最も安いSFCになります。しかしながら、スマリボに登録すると、毎年の利用額を1万円以下にしなければ手間がかかります。

そのため、毎年の利用額が1万円を超える方は、VISA/マスターブランドの方がよいでしょう。

②ANAスーパーフライヤーズカード(VISA/マスター)

【基本データ】

年会費:¥11275(本会員)・¥5610(家族会員)

年会費割引:マイ・ペイすリボ登録+年1回以上のリボ払い手数料支払い

割引後年会費:¥10202(本会員)・¥5032(家族会員)

マイル還元率:0.5~0.8%(10マイルコース登録で1~1.3%)

10マイルコース年間手数料:¥6600

旅行傷害保険:最高5000万円(国内)・なし(海外)

継続ボーナスマイル:2000マイル

マイル積算率:35%

VISA/マスターブランドの一般カードに関しては、マイ・ペイすリボを活用することで、お得に利用することができます。

家族カードも保有することを考えると、JCBブランドよりも安く維持することができますね。

しかしながら、10マイルコースで利用したい場合、年会費+10マイルコース年間手数料として考えた場合、ゴールドカードの年会費の方が安くなるため、そのあたりに注意しましょう。

ゴールドカード

f:id:morikuma_8010:20200416162513j:plain

続いては、ゴールドカードです。ゴールドカードには、JCBVISA/マスターダイナースアメリカン・エキスプレスの4種類があります。

ゴールドカードと一括りにされていますが、この4種類のうち、前者の2種類は安価で万人向け、後者の2種類は高価で一部の方向けと分かれてきます。

それぞれを見ていきましょう。

③ANAスーパーフライヤーズゴールドカード(JCB)

【基本データ】

年会費:¥16500(本会員)・¥8250(家族会員)

年会費割引:スマリボ登録+年1回の利用(本会員のみ)

割引後年会費:¥11500(本会員)・¥8250(家族会員)

マイル還元率:1%

旅行傷害保険:最高1億円(国内)・最高5000万円(海外)

継続ボーナスマイル:2000マイル

マイル積算率:40%

JCBブランドのゴールドカードに関しては、割引後の年会費もVISA/マスターブランドと同額になります。

しかしながら、スマリボによる年会費割引を利用するためには、毎月の利用額を1万円以下にする必要があり、また、マイル還元率もVISA/マスターブランドに分があるため、あまり作るメリットはないかもしれません。

④ANAスーパーフライヤーズゴールドカード(VISA/マスター)

【基本データ】

年会費:¥16500(本会員)・¥8250(家族会員)

年会費割引:マイ・ペイすリボ登録+年1回以上のリボ払い手数料支払い&WEB明細サービス(本会員のみ)

割引後年会費:¥11550(本会員)・¥6600(家族会員)

マイル還元率:1~1.3%

旅行傷害保険:最高5000万円(国内)・最高5000万円(海外)

継続ボーナスマイル:2000マイル

マイル積算率:40%

VISA/マスターブランドのゴールドカードに関しては、おそらく最も多くの方が作るべきコスパに優れた1枚であるでしょう。

マイ・ペイすリボの活用により、マイル還元率も1.3%になりますし、年会費も一般カードと大差はありません。

というよりも、一般カードの10マイルコース年間手数料を考えると、このゴールドカードの方が安いという逆転現象も起こっています。

そのため、とりあえずこの1枚で様子を見るということもありでしょう。

⑤ANAダイナーススーパーフライヤーズカード

【基本データ】

年会費:¥30800(本会員)・¥11550(家族会員)

年会費割引:なし

マイル還元率:1%

旅行傷害保険:最高1億円(国内)・最高1億円(海外)

継続ボーナスマイル:2000マイル

マイル積算率:40%

ダイナースに関しては、カード名称に「ゴールド」がありませんが、ゴールドカードに分類されます。

これまでの2枚に比べ、年会費が非常に高いですよね。このカードは、有効期限なくマイルを貯められるSFCの中で最も維持費の安いカードとなっています。

しかしながら、マイル還元率は1%となっており、一般的なカードと同様であるため、ダイナースに思い入れがある方やダイナースクラブのサービスを魅力的に感じる方以外にはあまりおすすめできません。

もし、有効期限なくマイルを貯めたいだけの場合は、SFC一般またはゴールド(VISA/マスター)〈サブカード〉+ANAアメリカン・エキスプレス・カード〈メインカード〉という組み合わせが最も維持費は安くなりますよ。

⑥ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード

【基本データ】

年会費:¥34100(本会員)・¥17050(家族会員)

年会費割引:なし

マイル還元率:1%(ANAグループの利用は2%)

旅行傷害保険:最高1億円(国内)・最高500万円(海外)

継続ボーナスマイル:2000マイル

マイル積算率:40%

アメックスに関しては、ゴールドカードの中で最も年会費が高くなっています。

ANAグループでの利用の還元率が2倍となっているため、ANAの航空券をよく購入し、かつ、この1枚しかANAマイルを貯めるカードを持つ気がないという方にはおすすめの1枚かもしれませんね。

プレミアムカード

f:id:morikuma_8010:20200416170914j:plain

最後は、プレミアムカードになります。プレミアムという言葉の通り、最上級のカードとなっています。このプレミアムカードには、JCBVISAダイナースアメリカン・エキスプレスの4種類があります。

それぞれを見ていきましょう。

⑦ANA JCBスーパーフライヤーズカードプレミアム

年会費:¥77000(本会員)・¥4400(家族会員)

年会費割引:なし

マイル還元率:1.3%~1.45%

旅行傷害保険:最高1億円(国内)・最高1億円(海外)

入会・継続ボーナスマイル:10000マイル

マイル積算率:50%

JCBブランドに関しては、年会費の最も安いプレミアムカードになっています。カードを利用すると、1000円で2ポイント(うち1ポイントはボーナスポイント)を獲得できます。

このボーナスポイントは、通常、1ポイント=3マイルという交換になり、全体の還元率は、1+0.3=1.3%となります。

しかしながら、ソラチカカードを保有し、ボーナスポイント→メトロポイント→ANAマイルという交換を行うことで、1ポイント=4.5マイルという交換が可能になり、還元率を1+0.45=1.45%まで上げることが可能なので利用しましょう。

⑧ANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカード

年会費:¥170500(本会員)・無料(家族会員)

年会費割引:なし

マイル還元率:1.5%(ANAグループの利用は2.5%)

旅行傷害保険:最高1億円(国内)・最高1億円(海外)

入会・継続ボーナスマイル:10000マイル

マイル積算率:50%

ダイナースに関しては、SFCの中で最も年会費の高いカードとなっています。

しかしながら、マイル還元率は、JCBやこの後出てくるVISAと変わらないため、このカードが最適となる方は、ほんの一握りとなるでしょう。

⑨ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード

年会費:¥88000(本会員)・¥4400(家族会員)

年会費割引:なし

マイル還元率:1.5~1.8%

旅行傷害保険:最高1億円(国内)・最高1億円(海外)

入会・継続ボーナスマイル:10000マイル

マイル積算率:50%

VISAに関しては、SFCの中で最もマイル還元率を高くすることができるカードとなっています。

マイル還元率は、マイ・ペイすリボを活用することで、1.8%というとてつもなく高い数字となります。

とはいえ、年会費も非常に高いので、申し込むべき人は富裕層の一握りの方になるでしょう。

⑩ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード

年会費:¥165000(本会員)・無料(家族会員)

年会費割引:なし

マイル還元率:1%(ANAグループの利用は2.5%)

旅行傷害保険:最高1億円(国内)・最高1億円(海外)

入会・継続ボーナスマイル:10000マイル

マイル積算率:50%

アメックスに関しては、ダイナースと同様に非常に年会費が高いですね。

それにも関わらず、通常のマイル還元率は一般カードレベルの1%という残念な数字です。

このカードに申し込むほどの利用額のある方なら、マイル還元率を考えた場合、ダイナースの方がお得になるのではないでしょうか。

あなたに最適な1枚はどれか

ここまで、それぞれのカードの基本データを示し、簡単に解説をさせていただきました。

では、この中から、みなさんに最適の1枚はどのカードになるのでしょうか。

この最適解を出していただくために、エクセルを駆使し、計算上であなたに最適な1枚を算出させていただきました。

なお、この計算では、1マイル=1.5円の価値があると仮定し、それぞれのカードの還元率は、幅がある場合、最高還元率(VISA/マスターのゴールドカードの場合は1.3%といったイメージ)という条件で行いました。

それでは、あなたにとってのSFCの最適解を以下のフローチャートで導き出してみてください。

なお、最後の番号は上でカードについて解説した際の番号に対応しています。

f:id:morikuma_8010:20200417010227j:plain

どうだったでしょうか、おそらく多くの方が、④のANAスーパーフライヤーズゴールドカード(VISA/マスター)に着地したのではないでしょうか。

なお、①・②のカードに着地した方は、5マイルコースでカードを利用しましょうね。

これを参考にして、1枚しか保有できないSFCを選んでいただければ、おそらく最もお得に有効活用できることでしょう。

まとめ

今回は、スーパーフライヤーズカード(SFC)はどのカードを発行するのがおすすめなのかということで、カード1枚1枚について基本データを踏まえた上で解説させていただきました。

また、みなさんに最適な1枚を導き出すためのフローチャートに関しても公開させていただきました。

今回の内容を参考にしていただき、みなさんにとって最適な1枚を保有することによって、最もお得にSFCを有効活用できると思いますよ。

POSTED COMMENT

  1. MatildaTravel より:

    スーパーフライヤーズカードの解説とっても分かりやすかったです!参考にさせていただきます!

    • miller_morikuma より:

      ご感想ありがとうございます。
      この記事はかなりの時間をかけて書いたので、そういっていただけると非常にうれしい限りです。
      今後も役立つ情報を提供できるように努力していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です