SFC修行

ANA 新型コロナへの対応で6月までの搭乗分までのPP(プレミアムポイント)が2倍に!! ですが、修行は自粛を!!

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

先日、杜くま自身をはじめとする今年のSFC修行僧に衝撃的な発表がなされました。

それは、6月までの搭乗分のPP(プレミアムポイント)が2倍になるというものです。

今回は、このことを取り上げていきたいと思います。

ANAの新型コロナにおける特別対応は2点

先日、ANAからANAマイレージクラブ(AMC)会員向けに知らせが届きました。

内容としては、新型コロナにおける特別対応に関してになります。

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、旅行のキャンセルが相次いでいることに加え、旅行の計画が立てられないことに配慮した形の救済措置として、今回、ANAからは2点の特別対応が発表されました。

マイル・SKYコインの有効期限を先延ばしに

まず1点目は、ANAマイル・SKYコインの有効期限延長に関するものです。

2020年3月から2021年2月の間に有効期限を迎えるANAマイル・SKYコインの有効期限はすべて2021年3月末まで延長されます。

f:id:morikuma_8010:20200325173914j:plain

なお、これには特別な手続きは必要なく、有効期限を迎えたマイル・SKYコインは一度失効したのち、翌月末ごろに同数のマイル・SKYコインが戻ってくることになります。

この1点目に関しては、有効期限が近いマイルやSKYコインがあるにもかかわらず、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、旅行の予約が立てられない方々に向けた救済措置であると考えられますね。

6月までの搭乗分のPPを2倍に

そして、2点目は、6月までにANA・ANAグループ運航便に搭乗した際に獲得できるPP(プレミアムポイント)を2倍にするというものです。

f:id:morikuma_8010:20200325180717j:plain

PPってどんなものなんだとピンとこない方もいるかもしれませんが、ANAでは飛行機に搭乗した際、以下のようにマイルとは別にPPというものを獲得できます。

f:id:morikuma_8010:20200325180033j:plain

このPPというのは、翌年のステータスを決める判断材料になっているため、このPPを貯めるためだけに飛行機に乗る馬鹿な輩(修行僧)が数多くいるんです、杜くまもその一人(笑)

これらの話は、以下の記事をご覧ください。

ANAの上級会員・ステータスとSFC修行ANAのステータスは、獲得したプレミアムポイントに応じてブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドに分けられますが、このうちのプラチナステータスになると、スーパーフライヤーズカードを発行でき、一生上級会員でいられます。このプラチナステータスを目指してただ飛行機乗ることをSFC修行といいます。...

このPP2倍という特別対応は、普通の方々には恩恵がないかもしれませんが、こういった修行僧たちにはうれしい話になっています。

なんせ、通常の半分の搭乗でステータスに到達することができますからね。

ここからは、このPP2倍の特別対応について掘り下げていきたいと思います。

ANAのPP2倍という特別対応に関して

SFC修行が棚ぼたでDIA修行に

杜くま自身、当ブログでもお伝えしてきましたが、今年の2月にSFC修行を行いました。

その修行において、50000PPを獲得し、PLT(プラチナ)に到達、SFC解脱をすでにしています。

今回の特別対応は、すでに搭乗した分も対象ということで、すべてANAグループ運航便で修行をした杜くまは、単純に2倍のPPを獲得できるということになります。

つまり、100000PPを獲得できるということになるため、最上ステータスのDIA(ダイヤモンド)に到達できるということになります。

SFC修行をしたはずだった杜くまは、棚ぼたでDIA修行をしたということになりました(笑)

ありがとうございます!!

気になる特別対応のPPを獲得できる時期は、3月搭乗分までは4月下旬ということで、4月上旬からPLT事前サービスが始まり、その後4月下旬からはDIA事前サービスを受けられるということになりそうです。

f:id:morikuma_8010:20200325181456j:plain

なぜこういった特別対応をとったのか

では、ANAはなぜこういった特別対応をとることにしたのでしょうか。

杜くまなりに考察していきたいと思います。

これまで、ANAは、修行僧封じとも思えるような改悪を行ってきました。

OKA路線の株主優待価格値上げ、プレエコNクラス新設、国際線航空券国内区間の積算率変更など数多くがあげられます。

ですが、これらの改悪をなぜ行ってきたのかといえば、上級会員の増加によるサービスの質の低下がANAのイメージ低下につながってしまうからということで説明がつきます。

そのことを踏まえた上で、今回の特別対応は、ANAの経営が相当危ない状況になってきているというように考えられます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、出張等の中止が相次ぎ、一番のドル箱であるはずの客単価の高い出張族の利用が見込めない状況にあります。

国内外問わず欠航便が続出し、運航している便の搭乗率も低い状況が続き、客室乗務員の一時休業もニュースになっています。

そして、この状況が続いてしまうとANAに限らず、世界中の航空会社が倒産してしまいます。

そこで、ANAが少しでも搭乗率を上げるために頼みの綱としたのが修行僧たちだったのではないでしょうか。

今年修行をする修行僧たちがステータスの恩恵を受けられるのが来年度までとなるため、新型コロナの影響が長引いた場合でも、ステータスの恩恵を受けるために来年以降の利用も見込める修行僧たちにこの時期を乗り切るために利用を促しているのかもしれません。

修行をするチャンスと捉えて本当に良いのか?

では、このPP2倍の特別措置をステータス修行のチャンスと捉えてよいのでしょうか。

杜くまはすでに修行を終えている身なのでなんとも言えませんが、これを機に始めようと即決するのは時期尚早かもしれません。

もし、新型コロナの影響が長引き、ANAが倒産といった危機になった場合、恐らくステータスは没収となってしまうでしょう。

また、実際にこの特別対応が発表されてから修行僧たちは動き出し、王道路線の満席などが発生しているようです。

そう考えると、ステータスホルダーが大幅に増加することが見込まれるため、来年以降のサービスの改悪なども予想されます。

さらに、昨今の新型コロナの状況を踏まえた上ででこの修行は不要不急の外出ではないと胸を張って言える状況でしょうか?

もし、修行で感染してしまった場合、いくら空港から出ないとはいっても全国各地にウイルスを拡散してしまうことになります。

ANAが財政危機になってしまうから乗って応援したいという気持ちがあることも十分に理解できますが、そのことをよく考える必要があるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、ANAの新型コロナへの特別対応について取り上げさせていただきました。

そのうちの1つは6月までのPP2倍ということで今年の修行僧には衝撃的なものでした。

杜くまもこの特別対応により、ダイヤモンドステータスに到達することが確定しました。

新型コロナにより、航空会社は大変な状況に置かれているかと思うので、マイラーの皆さんはできるだけ乗って貢献したいところですが、この現状を踏まえると、厳しいでしょう。

収束したときにたくさん乗って貢献するために、今のうちはポイ活でマイルを貯めておきましょう!!

「陸」でマイルを貯める方法を大公開 年間20万マイルを貯めるANA陸マイラーの正体飛行機に乗らずに大量のマイルを獲得する方法を解説しています。このような方法でANAマイルを貯めるANA陸マイラーになると、年間20万マイル以上を貯めることもできます。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です