陸マイラー

JALマイルがANAマイルに交換できる!? 禁断の赤⇒青交換の方法を解説

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

日本にお住みの方は、ANAまたはJALどちらか一方のマイルを貯めている方が多いかと思われますが、JALマイルをANAマイルに交換することはできるのでしょうか。

今回はこの話を取り上げていきたいと思います。

そもそもJALマイルをANAマイルに交換できるのか

おそらくみなさんの中には、そもそもJALマイルをANAマイルに交換できるのかという疑問が浮かび上がってくることでしょう。

先に結論を言っておと、可能なんです!!

その反対の、ANAマイルをJALマイルに交換することは、レートが悪く交換できないに等しいですが、JALマイルをANAマイルに交換する赤⇒青交換は、最大交換レートが70%となっており、ルートは3つもあるなど、十分利用価値のある交換となります。

JALマイルをANAマイルに交換する方法

それでは、ここからは、JALマイルをANAマイルに交換する方法について見ていきましょう。

カギはJALマイル⇒JRキューポの等価交換

1番のカギは、JALマイルをJRキューポに等価交換することができるということにあります。

f:id:morikuma_8010:20200430232755j:plain

ただし、この等価交換をするためには、2つの条件があります。

1つ目は、JMB JQ SUGOCAカードを所持していることです。

このカードの詳細に関しては、以下の公式サイトをご覧ください。

年会費に関しては、初年度が無料となっており、2年目以降は、¥1250+税となっていますが、年1回以上の利用があれば無料となるので、負担になることはないでしょう。

2つ目は、10000マイル以上10000マイル単位での交換を行うことです。

※年度(4月~翌年3月)で交換の上限が30000マイル

この交換は、3000マイル単位でも行うことができますが、その場合の交換レートは50%に半減してしまうため、10000マイル単位で行う必要があります。

以上の2つの条件を満たし、JRキューポにJALマイルを等価交換することができれば、ANAマイラーのみなさんはもうすでに交換方法がひらめきましたよね?

JRキューポ⇒ANAマイルの交換ルートは3つ

それでは、そのJRキューポ⇒ANAマイルの交換を行う方法を解説していきます。

交換レートを考慮すると、3つのルートが考えられるので、みなさんの事情に合わせながら使い分けていくようにしましょう。

①JQセゾンルートに乗せる

まずはこちらが王道でしょう。JQセゾンルートに乗せるという方法です。

JQセゾンルートは、ECナビやVポイントといったTOKYUルートに乗せられないポイントをANAマイルに交換する最善ルートでした。

【ECナビ・Vポイント】TOKYUルートが使えないときの最善ルート!!JQセゾンルートを徹底解説TOKYUルートに次ぐ交換レート70%のJQセゾンルートを解説!!TOKYUルートの使えないECナビやVポイントの交換にも利用でき、汎用性の高さはNo.1。ルート維持費が無料であるなど、TOKYUルートを超える強みもあります。...

このJQセゾンルートでは、途中でJRキューポを経由していましたよね。そのため、JQキューポからJQセゾンルートに乗せ、永久不滅ポイントを経由してANAマイルに交換することが可能となってます。

なお、交換レートは70%であり、JQ CARDセゾンみずほマイレージクラブカード/ANAの2枚が必要です。

交換ルートを図に表すと、以下のようになりますね。

f:id:morikuma_8010:20200430235011j:plain

②nimocaルートに乗せる

続いては、九州や函館に住んでいる方におすすめのnimocaルートに乗せるという方法です。

JRキューポからnimocaルート?と思う方もいるかもしれませんが、JRキューポはGポイントと等価交換することができるため、nimocaルートに乗せることができます。

TOKYUルートが使えないECナビポイントもANAマイルに移行できる!!nimocaルートを徹底解説TOKYUルートに次ぐ交換レート70%のnimocaルートを解説!!TOKYUルートの使えないECナビやVポイントの交換にも利用でき、マイル移行にかかる日数も最短という強みを持っています。対して、マイル交換を九州と函館にしかない専用の機械でやらなければならないという欠点もあります。...

Gポイントまで交換することができれば、nimocaポイントを経由し、ANAマイルに交換することが可能となっています。

なお、交換レートはJQセゾンルートに乗せたときと同様の70%であり、ANA nimocaカードが必要になります。

このnimocaルートに乗せる方法は、ANAマイルまでの交換にかかる日数は最も短いものの、最後のnimocaポイント⇒ANAマイルの交換が九州か函館にしかないポイント交換機を使わなければならない点がネックとなります。

交換ルートを図に表すと、以下のようになりますね。

f:id:morikuma_8010:20200501000009j:plain

③無理やりTOKYUルートに持っていく

最後に、無理やりTOKYUルートに持っていくという方法があります。

実は、永久不滅ポイントは交換レート90%でドットマネーに交換することが可能となっているため、JQセゾンルートとTOKYUルートをドッキングさせることが可能となります。

具体的には、永久不滅ポイント、ドットマネー、TOKYUポイントを経て、ANAマイルに交換するという方法です。

なお、交換レートは、上の2つよりは少し劣って67.5%となり、JQ CARDセゾンANA TOKYUカードが必要になります。

すでにANA TOKYUカードを持っている陸マイラーの方は、用意するカードが少なく済むので、この方法は楽ですが、交換レートが劣ってしまうところが悩ましい限りです。

交換ルート図は、以下のようになりますね。

f:id:morikuma_8010:20200501002008j:plain

まとめ

今回は、JALマイルをANAマイルに交換する方法を解説させていただきました。

JALマイルをANAマイルに交換できるということは知らなかった方も多いのではないでしょうか。

10000マイル単位で交換しなければならないなどハードルは高いですが、交換レート70%という十分な高レートで交換することが可能となっています。

JQセゾン、nimoca、TOKYUのそれぞれのルートに乗せることが可能となっているので、各自の保有カードなどの事情に合わせながらルート選びをしていきましょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です