陸マイラー・ポイ活

【TOKYUルート閉鎖後の代替ルート候補】nimocaルートを徹底解説

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

陸マイラーのみなさんは、基本的に、ポイントサイトで貯めたポイントは、TOKYUルートで交換していることだと思われます。

しかし、TOKYUルートは2020年3月をもって閉鎖が決まり、今後の代替ルートを考える必要があります。

今回は、TOKYUルートの代替ルート候補の1つであり、交換レート70%を実現できるnimocaルートを解説させていただきます。

はじめに

みなさんは、以下の図で表されるTOKYUルートについては理解していただけていることでしょう。

f:id:morikuma_8010:20191227162641j:plain

もし、よくわからないという方は以下の記事をご覧ください。

ANA陸マイラー必見!! ANA陸マイラーの基本の「キ」・TOKYUルートとは!?ANA陸マイラーの基本の「キ」であるTOKYUルートを解説!!TOKYUルートは陸マイラーがポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するための交換方法になります。ANA TOKYUルートの強みを活用することで75%という高い交換レートを実現できます。...

TOKYUルートというのは、ポイントサイトで貯めたポイントを交換レート75%でANAマイルに交換できる方法でしたよね。

この75%というものは今現在、最も高い交換レートになっています。

しかし、2022年3月をもってこのTOKYUルートは閉鎖されることが決まり、今後の方針を考えていく必要があります。

今日ご紹介するnimocaルートは、TOKYUルートに次ぐ70%という高い交換レートを実現しており、TOKYUルート閉鎖後の代替ルートとしても活躍することになる交換方法になります。

 

nimocaルートを徹底解説

nimocaルートの詳細

nimocaルートを図で表すと、以下のようになります。

TOKYUルートにおけるドットマネーがPeXまたはGポイントに、TOKYUポイントがnimocaポイントに置き換わったような形となっていますね。

一見すると、経由するポイントの数も少なく、対抗するJQセゾンルートに比べて手続きも楽そうです。

では、どのようなメリット・デメリットがあり、このnimocaルートがTOKYUルート代替ルート候補のNo.1にはやってこないのかを解説していきます。

nimocaルートのメリット

このnimocaルートの最大のメリットは、マイル移行期間が最短10日であり、JQセゾンルートよりも早く交換することができる点です。

ここで、先ほども載せたnimocaルート図を再度示させていただきます。

この図の中で、オレンジ色の矢印を経由すると早く交換が可能となっています。

当サイトで紹介しているポイントサイト4つのうち、ハピタス・ポイントインカム・モッピーはGポイントに等価交換が可能です。このうち、唯一モッピーだけが即日交換ができます。(ハピタス・ポイントインカムは3営業日ほどかかる)

Gポイント → nimocaポイントは1~2日、nimocaポイント → ANAマイルは約1週間で交換ができるので、モッピーの場合は最短10日ほど、ハピタス・ポイントインカムの場合は2週間ほどで交換が可能です。

ECナビの場合は、PeX → nimocaポイントの交換の締め日が月末、交換完了が翌月15日となっているため、最短で3週間ほどとなりますが、それでもJQセゾンルートよりは早く完了するでしょう。

JQセゾンルートの最短交換日数(約1ヵ月弱)

各ポイントサイト → Tポイント:即日~数日

Tポイント → JRキューポ:2~3日

JRキューポ → 永久不滅ポイント:1~2日

永久不滅ポイント → ANAマイル:月末〆&交換完了は翌月20日

 

◎nimocaルートの最短交換日数(モッピー:約10日~ECナビ:約3週間)

モッピー → Gポイント:即日
ハピタス・ポイントインカム → Gポイント:1~3日
ECナビ → PeX:即日~数日

Gポイント → nimocaポイント:1~2日
PeX → nimocaポイント:月末〆&交換完了は翌月15日

nimocaポイント → ANAマイル:1週間

 

以上のことを考えると、TOKYUルート閉鎖後はnimocaルートを使っていけばよさそうですが、そういうわけでもないんです。

このnimocaルートには決定的なデメリットがあり、以下で解説していきます。

nimocaルートのデメリット

このnimocaルートでカギとなるのが、nimocaポイントとANAマイルの交換ですよね。

f:id:morikuma_8010:20190327121524j:plain

ここの交換を可能にするのが、ANA VISA nimocaカードのただ1枚になっています。

カード詳細は、以下のサイトをご覧ください。

しかし、ここに大きな欠点があり、この交換はポイント交換機を使わなければなりません。

そして、このポイント交換機は九州または函館にしかないんです。なんとアナログなことか・・・。

マイル交換のできる場所は以下をご覧ください。

そのため、九州や函館在住者以外にとってはポイント交換のためにわざわざ遠方に出向かなくてはならないという決定的なデメリットになり、これこそがTOKYUルート閉鎖後の代替ルートNo.1はnimocaルートではないという大きな所以です。

◎TOKYUルート閉鎖後に使うべき代替ルート

・九州、函館在住者 → nimocaルート

・それ以外の方 → JQセゾンルート

多くの人にとってTOKYUルート閉鎖後の代替ルートNo.1であるJQセゾンルートについては、以下の記事をご参照ください。

【TOKYUルート閉鎖後の代替ルート候補No.1!】JQセゾンルートを徹底解説TOKYUルートに次ぐ交換レート70%のJQセゾンルートを解説!!TOKYUルート閉鎖後にANA陸マイラーがポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する代替ルートです。汎用性の高さはNo.1でルート維持費が無料であるなど、強みも多く持っています。...

 

まとめ

今回は、TOKYUルートに次ぐ交換ルート70%を実現するnimocaルートを解説しました。

このnimocaルートはJQセゾンルートに比べてマイル移行期間が短いというメリットがある一方で、ポイント交換のために九州や函館に行く必要があるという大きなデメリットもあります。

そのため、利用できる人は限られてくるとは思いますが、九州・函館在住者にとってはTOKYUルート閉鎖後の代替ルートとしてNo.1の候補となるでしょう。

それ以外の方で、今後、JQセゾンルートをメインで使っていこうと考えている方にとっても、nimocaルートの利用に必要なANA VISA nimocaカードは死蔵カードとしても作っておいて損はないため、カード発行だけしておくのもいいのではないでしょうか。

【2021最新版】ANA陸マイラーが持つべき死蔵カード6選を紹介ANA陸マイラーにおすすめの死蔵カードを紹介!!ANAカードの中には、利用せずに持っているだけでお得な死蔵カードが何枚かあります。しかし、カードの利用状況はCICに記録されるので、定期的に利用することも重要です。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です