陸マイラー

【必見】ANAマイラーのマイナポイント活用術!!どの決済サービスに登録すべきか?

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

2020年6月にキャッシュレス決済のポイント還元事業が終わり、約2か月が経過しましたが、2020年9月から、新たに「マイナポイント」が始まりましたね。

CMなどでもマイナポイントを宣伝していることもあり、知っている方が多数なのではないでしょうか。

そこで今回は、杜くまのようにANAマイラーはマイナポイントをどう活用していけばいいのかということを解説していきたいと思います。

マイナポイントとは?

はじめに、マイナポイントに関して簡単に解説しておきます。

マイナポイント事業は、キャッシュレス決済の普及とマイナンバーカードの普及の双方を進めることを目的としたものとなっています。

そのため、6月までのキャッシュレス決済のポイント還元事業とは大きく異なり、マイナンバーカードを保有していることがマイナポイント事業への参加の条件となります。

また、1つの決済サービスを選び、専用サイトなどで事前登録しておく必要もあります。

上限5000円分のポイントを25%還元で獲得できることができるので、利用額の最大は2万円ということになりますね。

 

ANAマイラーのマイナポイント活用術

ANAマイルへの交換レートの高い決済サービスを選ぶ

マイナポイントとはいっても、「マイナ」という名称のポイントがあるわけではなく、登録した決済サービスのポイント(例:WAON支払いならWAONポイント)を獲得できる事業なので、どの決済サービスに登録するのかということが非常に重要になります。

つまりは、獲得したポイントをANAマイルに高い交換レートで交換できる決済サービスを選ぶことが重要になりますね。

 

対象外の決済サービスもある

そこで、真っ先に思い浮かぶのは、ANAマイルに交換レート90%(※ソラチカカード保有)で交換できるメトロポイントではないでしょうか?

しかしながら、メトロポイントを貯められるカードはこのマイナポイント事業に参入していません。

このように、すべての決済サービスがマイナポイントに登録できるわけではなく、JCBやクレディセゾンなど、事業に参入していないサービスもあるんです。

 

おすすめの決済サービス

そこで、マイナポイント事業に参入している決済サービスの中で、ANAマイルへの交換レートの高いおすすめの決済サービスをいくつかピックアップしたいと思います。

No.1:三井住友カード Vポイント(最大70%)

まずNo.1に躍り出るのが、ANA TOKYUカードをはじめ、VISA/マスターブランドのANAカードを発行する三井住友カードのVポイントです。

このVポイントは、ANAマイルに交換レート60%で交換できるので、上限の5000ポイントを獲得した場合、3000ANAマイルを獲得することができます。

また、JQセゾンルートやnimocaルートを利用すると、最大交換レートは70%となるので、最大3500ANAマイルとすることも可能です。

【ECナビ・Vポイント】TOKYUルートが使えないときの最善ルート!!JQセゾンルートを徹底解説TOKYUルートに次ぐ交換レート70%のJQセゾンルートを解説!!TOKYUルートの使えないECナビやVポイントの交換にも利用でき、汎用性の高さはNo.1。ルート維持費が無料であるなど、TOKYUルートを超える強みもあります。...
TOKYUルートが使えないECナビポイントもANAマイルに移行できる!!nimocaルートを徹底解説TOKYUルートに次ぐ交換レート70%のnimocaルートを解説!!TOKYUルートの使えないECナビやVポイントの交換にも利用でき、マイル移行にかかる日数も最短という強みを持っています。対して、マイル交換を九州と函館にしかない専用の機械でやらなければならないという欠点もあります。...

さらに、9月中にマイナポイント申し込み時に三井住友カードを登録すると、抽選で100名にVポイント10,000ポイントをプレゼントするキャンペーンも行っています。可能性は低いかもしれませんが、9月中に登録するようにしましょうね。

 

No.2:エポスカード エポスポイント(最大70%)

次点は、エポスカードのエポスポイントになります。

こちらもANAマイルへの最大交換レートは70%ですが、エポスカード自体を持っていない方も多いかと思い、No.2にさせていただきました。

エポスポイントをANAマイルに交換するいくつかの方法は、以下の記事を参考にしてください。

エポスポイントをANAマイルに交換する方法4選!最高交換レートは70%エポスポイントをANAマイルに交換する4つの方法を解説!!通常は交換レート50%での直接交換ですが、エポスゴールドカード保有で交換レート60%での直接交換が可能になります。また、いくつかのポイントを経由することで最高交換レート70%での交換をすることもできます。...

簡単にまとめると以下のようになっています。

◎エポスポイント→ANAマイルへの交換

①ANAマイルに直接交換

交換レート:50%(一般カードの場合)、60%(ゴールドカードの場合)

②JQセゾンルートに乗せる

交換レート:70%

③nimocaルートに乗せる

交換レート:70%

④TOKYUルートに乗せる

交換レート:67.5%

なお、三井住友カードのように独自的に行っているキャンペーンなどは現在ではないようです。

 

No.3:楽天カード 楽天ポイント(50%)

最後に取り上げるのが、楽天カードの楽天ポイントです。

楽天ポイントをANAマイルに交換しようと思った場合、交換レートは一般的な50%ですが、楽天カードは利用価値も高く、持っている方も多いかと思うので、No.3として入れさせていただきました。

 

まとめ

今回は、マイナポイント事業の開始に伴い、ANAマイラーはどのようにマイナポイントを活用していくべきかを解説させていただきました。

マイナポイントは、登録した決済サービスのポイントを獲得できるので、ANAマイルへの交換レートの高いポイントサービスを登録することが重要となっています。

そこで、top2となるのが三井住友カードのVポイントとエポスカードのエポスポイントですが、直接交換の交換レートの面を考えると、三井住友カードを登録するのがANAマイラー的には最善手となるでしょう。

マイナンバーカードが必要など、いろいろと面倒な点も多い事業ですが、もらえるものはもらっておこうということで、5000ポイント=3500ANAマイルをしっかりと獲得するようにしましょうね。

POSTED COMMENT

  1. たかさん より:

    マイナポイントの貴重な記事をありがとうございます。参考にさせていただきます。

    • miller_morikuma より:

      コメントありがとうございます。
      参加していない事業者もあり、選択肢も狭まっていますが、うまく活用していきたいですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です