陸マイラー・ポイ活

【速報】ついにやってきた改悪。2022年3月でTOKYUルート閉鎖のお知らせ

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

2021年も10月に入り、残り3か月となったこの日、ANA陸マイラーにとって恐れていた事態が発生しました。

なんと、TOKYUルート閉鎖のお知らせですΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

今日はこのニュースについて取り急ぎまとめさせていただきます。

TOKYUルートについて

はじめに簡単にTOKYUルートの説明だけしておきます。

TOKYUルートは、ポイントサイト等で貯めたポイントをお得にANAマイルに交換する方法でした。

各ポイントサイト → ドットマネー → TOKYU POINT → ANAマイルというルートで交換をすることで、ANAマイル交換率は75%となっていました。

ANA陸マイラー必見!! ANA陸マイラーの基本の「キ」・TOKYUルートとは!?ANA陸マイラーの基本の「キ」であるTOKYUルートを解説!!TOKYUルートは陸マイラーがポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するための交換方法になります。ANA TOKYUルートの強みを活用することで75%という高い交換レートを実現できます。...

 

2022年3月にTOKYUルートは閉鎖に…

そんなTOKYUルートですが、2022年3月をもって閉鎖されるというニュースが入ってきました。

ドットマネー by Ameba 公式スタッフブログから引用した文章が以下の通りです。

ドットマネーからTOKYU POINTへの交換につきまして、

2022年4月1日(金)より対象カードを東急カード株式会社発行のTOKYU CARD ClubQ JMB (ゴールドカード含む)、東急株式会社発行のTOKYU POINT CARD(現金ポイントカード)へ変更になります。

また、これに伴い2022年3月31日(木)をもってJMB機能非付帯の各種TOKYU CARDおよびJAL・三菱UFJ銀行・ANA提携カードでの交換受付が終了いたします。

<詳細はこちら>
TOKYU CARD/TOKYU POINTお知らせ
(URL: https://www.topcard.co.jp/news/211001.html)

【2022年4月1日(金)よりTOKYU POINTへ交換の対象外となるカード券種】
・JMB機能非付帯の各種TOKYU CARD
・JALカード TOKYU POINT ClubQ
・スーパーICカード TOKYU POINT PASMO 「三菱UFJ-VISA」
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

最後の部分を見てもらえばわかるように、ANA TOKYUカードはドットマネーからTOKYU POINTへの交換対象外のカードとなります。

そのため、ドットマネー → TOKYU POINTの交換ができなくなる2022年4月以降はTOKYUルートを利用することはできなくなるというわけです。

 

2022年度以降の代替ルートは!?

では、2022年4月以降はどのようなルートが代替案となるのでしょうか。

先に申し上げておくと、交換レートは70%の2つの交換ルートが最善となります。

1つ目が、JQセゾン(みずほ)ルートです。

多くの人にとっては、このルートがTOKYUルートの代替ルートになるでしょう。

PeX・ドットマネー → Tポイント → JRキューポ → 永久不滅ポイント → ANAマイルのルートで交換を行います。

交換に必要なのは、JQ CARDセゾンみずほマイレージクラブカード/ANAの2枚です。

【TOKYUルート閉鎖後の代替ルート候補No.1!】JQセゾンルートを徹底解説TOKYUルートに次ぐ交換レート70%のJQセゾンルートを解説!!TOKYUルート閉鎖後にANA陸マイラーがポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する代替ルートです。汎用性の高さはNo.1でルート維持費が無料であるなど、強みも多く持っています。...

2つ目が、nimocaルートです。

PeX・Gポイント → nimocaポイント → ANAマイルのルートで交換を行います。

交換に必要なのは、ANA VISA nimocaカードの1枚であり、交換に要する日数もこちらの方が短いです。

しかし、最後のnimocaポイントからANAマイルの交換は函館あるいは九州にしかないポイント交換機で行う必要があるという最大の欠点があります。

【TOKYUルート閉鎖後の代替ルート候補】nimocaルートを徹底解説TOKYUルートに次ぐ交換レート70%のnimocaルートを解説!!TOKYUルート閉鎖後のANA陸マイラーが利用していくべき交換ルートの1つであり、マイル移行にかかる日数も最短という強みがあります。一方、ポイント交換のために九州や函館に出向く必要があるため、利用できる人は限られてくるでしょう。...

◎TOKYUルート閉鎖後に使うべき代替ルート

・九州、函館在住者 → nimocaルート

・それ以外の方 → JQセゾンルート

 

まとめ

今回は、2022年3月でドットマネー→TOKYUポイントの交換が終了することにより、TOKYUルートが閉鎖することをお伝えさせていただきました。

ソラチカルート(90%)→LINEポイントルート(81%)→TOKYUルート(75%)とANA陸マイラーにとって改悪との戦いが続いてきましたが、今回もさらなる改悪となってしまいました。

2022年3月まではあと半年あるので、上限(毎月10万TOKYU POINT)までANAマイルに交換してしまうという手もあるでしょうし、ANAマイルの有効期限も考慮の上、永久不滅ポイントに集めておき、ポイント投資で寝かせておくという手もあるでしょう。

いずれにせよ、ポイントの出口戦略を考える必要がありそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です