SFC修行

【SFC修行】事前サービス開始前の3月までにPLT達成の場合のSFC申し込みまでの流れとは!? JGC修行とはココが違う!!

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

今回は、SFC修行を3月までに終了した方は、いつからプラチナサービスを受けられるのか、また、スーパーフライヤーズカード(SFC)の申し込みはどのような流れで行うのかに関して解説していきます。

JGC修行を先にやられた方は、その違いに戸惑うこともあるかと思うので、JGC修行とはどのような点が異なるのかという点に関しても触れていきますね。

ANAのステータスはいつからいつまでが有効なのか

1年間の獲得PPにより、翌年度のステータスが確定

ANAのプレミアムステータス(ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンド)は、毎年1~12月に獲得したプレミアムポイント(PP)に応じて、翌年度のステータスが決定し、4月から1年間にわたる「プレミアムステータス」のサービスを受けられます。

つまり、例えば、杜くまのように2020年にSFC修行を行い、プラチナステータスの判定条件である50000PPを獲得した場合、「プラチナサービス」を受けられるのは、翌年の2021年4月~2022年3月となります。

 

早くPPを獲得した場合、プレミアムメンバー事前サービスがある

とはいえ、早めにステータス判定条件(ブロンズ:30000PP、プラチナ:50000PP、ダイヤモンド:100000PP)を達成した場合、サービス開始まで期間が開いてしまうことになりますよね。

そういった方のために、ANAでは、プレミアムメンバー事前サービスというものを用意しています。

各ステータス判定条件のプレミアムポイントを獲得してから、プレミアムサービスが開始される前月の翌年3月まで、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズそれぞれのプレミアムメンバー事前サービスを利用することができます。

例として、以下の図のように2019年8月までに100000PP獲得した場合を取り上げたいと思います。

その場合、PPが反映されてから2020年3月31日までは「ダイヤモンド事前サービス」、2020年4月~2021年3月が「ダイヤモンドサービス」を受けられる期間ということになります。

f:id:morikuma_8010:20200401131358j:plain

 

事前サービスと本サービスの違いとは?

では、事前サービスと翌年4月からの本サービスの違いはあるのでしょうか。

ここからは、この点についてみていきたいと思います。

サービスデスクの利用、ラウンジ利用、先行予約などの基本的なサービスに関しては、事前サービスでも本サービスと同等のサービスを受けられるということになっています。

違いとしては、アップグレードポイントが付与されないという点があります。それに伴い、アップグレードポイントを利用した座席アップグレードやSKYコインへの交換は対象外となります。

また、特にダイヤモンドステータスに到達した方への注意点ですが、以下のような郵送されるサービス品は、事前サービスの間は対象外となっているため、ご注意くださいね。

f:id:morikuma_8010:20200401133533j:plain

 

プレミアムメンバー事前サービスは4月中旬からの開始

さらに、もう1点注意しておかなければならないことがあります。

それは、プレミアムメンバー事前サービスは4月中旬からの開始であるという点です。

3月までにステータス判定条件を達成でもすぐには反映されない

JGC修行との大きな違いはコレ

つまり、1月から3月までの間に集中してSFC修行を行い、ステータス判定条件を達成したとしても、すぐには反映されないんです。

ここが、JALのステータス修行・JGC修行との大きな違いになります。

JGC修行の場合、どんなに早くステータス判定条件を達成しても、数日でステータスが反映され、ステータスカードが郵送されてきます。

そのため、「JMBサファイア」ステータスに到達すると、数日後にはJGCカードの申し込み手続きをすることができます。

しかし、SFC修行の場合、3月までにステータス判定条件を達成したとしても、事前サービス開始の4月までは、ステータスは反映されず、SFCにも申し込むことはできません

実際に、杜くまは2月中にブロンズステータスの条件となる30000PP、プラチナステータスの条件となる50000PPを獲得しましたが、画面の表示は変化がありませんでした。

(背景の色は微妙に違うが、時間帯により変化する模様)

2月中に30000PP(ブロンズステータスの判定条件)を獲得した時のAMCアプリ画面

 

2月中に50000PP(プラチナステータスの判定条件)を獲得した時のAMCアプリ画面

 

3月までにSFC解脱すると、ブロンズステータスカードがもらえない?

以上より、ANAは3月までにステータス判定条件を達成しても、ステータスの反映は事前サービスが開始された後になることがわかっていただけたでしょう。

つまり、3月までに50000PPを獲得した場合はブロンズの、100000PPを獲得した場合はブロンズとプラチナのステータスカードをもらうことはできず、AMCアプリ上でもこれらのステータス画面を見ることはできません

早くステータスに到達した方が早くから事前サービスを受けられるため、これはどうでもいいことかもしれませんが、ステータスカードやステータス画面をコンプリートしたいというフェチの方々はこの点もご注意くださいね。

 

事前サービスの具体的な開始日は?

公式では4月中旬からだが・・・

では、ステータスが反映されるのは実際にはいつ頃になるのでしょうか。

公式では、先ほども書かせていただいたように、事前サービスは4月中旬からの開始となっているため、その頃の反映となるかと思われますが、それよりも早く開始されたという情報もあるため、杜くまの経験を書いていきますね。

 

3月31日~4月1日にかけては変化なし

3月31日までで前年度のステータスが終了するため、もしかすると4月1日になると、事前サービスが始まったり?と期待していたのですが、HP上で変化は見られませんでした。

なお、ステータスが反映されると、左の紺色の部分が「ANAカード会員」から「プラチナステータス」に変化するかと思います。

3月31日のANA HP(ANAカード会員のまま)

 

4月1日のANA HP(ANAカード会員のまま)

 

4月2日 プラチナステータスが反映される

その翌日、4月2日、表示がPlatinumへと変化し、事前サービスが始まったようです。

f:id:morikuma_8010:20200403124302j:plain

ここ数年は、事前サービスの開始日は4月2日となっているようで、公式の4月中旬よりは早くスタートすることになりますね。

AMCアプリでも、Platinumへの切り替わりを確認でき、画面録画にも成功しました!

 

まとめ

今回は、SFC修行を3月までに終えるなど、ANAのステータス判定条件を早めに達成した場合、ステータスの反映がいつになるのかという点を解説させていただきました。

JALのJGC修行とは異なり、ANAの場合は事前サービスの始まる4月より早くステータスの判定条件を達成したとしても、ステータスの反映は事前サービスが始まってからということを注意しましょう。

SFCの申し込みに関しても、事前サービスが始まってから行うことになります。

また、気になる事前サービスの開始時期ですが、公式では4月中旬となっていますが、2020年の場合は、4月2日から開始され、3月までにステータス判定条件を達成することで、約丸2年サービスを受けられるということになりますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です